何度も押し売りが来る家の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おはようございます。

クヌムカフェです。

いつもありがとうございます。

昨日は寒かったですね。

すこし雪など降ってたりして

2月後半は結構暖かかったのに
3月がスタートしていきなり『寒の戻り』ですかwwww

40過ぎた体には堪えますなぁ(@_@;)

そうそう

3月と言えば卒業シーズンですし、
来月の4月は入学、新学期、新社会人などなど

3~4月は人が動くシーズンですね。

引っ越しとかされる方も
いらっしゃるかもしれません。

新しい引っ越し先で、
ぜひチェックしておいてほしい事があります。

防犯に関わることです。

clippers

 

 

今回の話をどこかで聞いたことがあるかもしれませんが

知らない方もいらっしゃるかもしれないのでお伝えします。

何度も空き巣に入られたり、

何度も押し売りがやってくる家というのは

共通する特徴があったりします。

それは、その家に彼らがあるサインを
残しているのですが、

そのサインは彼ら同業者同士が
情報を共有しあうためのものなのです。

例えば契約が成立したセールスマンは
それをサインとして残します。

で、そのサインを見た他のセールスマンがまたやって来る。

サインを消さない限り、次から次へとやって来ます。

空き巣も同じパターンです。

下見に来た空き巣が資産状況や警戒度合をサインとして残します。

そういったサインからは驚くほどの情報が読み取れるのです。

どういう人が住んでいるか…

何時から何時まで不在か…

何曜日が休みか…

住人の職業は何か…

どのぐらいの貯蓄があるか…

そんな情報が僅か数文字程度のサインで記されます。

もし、引っ越した先に

「この家の人は押しに弱い」とか、

「この家の人は9時~17時まで不在だ」

なんてことが、サインとして残っていたら大変です。

サインを見た押し売りや空き巣が
やってくるかもしれません。

では、そのサインがどこにあるかと言うと

だいたい次のような場所に
あったりします。

表札、ポスト、インターフォン。
ガスメーター、電気メーター、室外機。

こう言ったところに残していきます。

では、どんなサインかと言うと

例えば…

「SM351021」

まるで何かの商品番号のようですが、

これがサインなんです。

このサインの場合は…

「Sは独身、Mは男性、年齢は35歳で10時から21時まで不在」

という意味になります。

こんな感じで仲間内に情報が共有されていきます。

もしサインに気が付かずに放っておいたら
面倒なことになるかもしれないので

引っ越しする方や、気になる方は
今すぐ玄関をチェックしてみてください。

防犯対策ばっちりで

今月もがんばりましょー!(^O^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。