『シン・ゴジラ』観てきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ついに8月になってしまいました。

 

 

もう夏も終わりですね~。(:_;)

 

 

セミが地面に落ちているのを
しょっちゅう見かけます。

 

田舎の方ではツクツクボウシが
鳴き始めて、

 

 

そろそろ秋の訪れを
感じさせます。

 

 

私は夏が好きなので
ちょっと寂しいですね。

 

ところで、

 

話は全く関係ないのですが、

先日、観るつもりのなかった
映画を見てきました。

 

 

その映画とは、

『シン・ゴジラ』

公式サイト⇒http://shin-godzilla.jp/

 

 

 

7月29日に公開された
ゴジラの最新作です。

 

 

 

監督はアニメ『エヴァンゲリオン』で
有名な監督でもある

 

 

 

「庵野秀明」

 

 

 

この映画の存在は6月ごろから
知っていました。

 

 

 

でも、まったく見る気は
なかったのです。

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

『巨大生物パニック映画は
ジュラシ●ク・パークで十分だわ』

 

 

 

そう思っていたからです。(-“-)

 

 

 

どうせゴジラが出てきて
ガッシャンガッシャン壊して回って

 

 

 

でも頑張ってなんとか
退治できました!

 

 

 

って内容なんでしょう。

 

 

 

見なくてもだいたい分かります。(-“-)

 

 

 

それに加えて

 

 

どちらかと言うと私、

ガメラ派なんですよね。^^

 

なので、

 

いくら監督が「庵野秀明」だからって、

ねぇ・・・。

 

 

 

どっちかと言うと

「早くエヴァ作って!」って言いたい。

 

 

 

そんな風に思っていたので
絶対に観に行く事はないだろう。

 

 

 

そう思っていたのに

 

そう信じていたのに、

 

 

ある事をきっかけに

 

 

 

どうしても観に行きたく
なってしまったのです。(@_@;)

 

 

つづきは編集後記で・・・・

gojira

ある日、ネットサーフィンを
していた時、

 

偶然、「シン・ゴジラ」を評価する
サイトを見ました。

 

 

 

・今日、『シン・ゴジラ』みた!感動した!

・まったく期待してなかっただけに驚いた!

 

 

・俺は庵野は才能が枯れたと思っていたが違っていた!

・庵野監督に土下座して謝りたい!

 

 

・まさか最後にあんな作戦をするとは!

・生きていて良かったって思えた!

 

 

・ネタばれサイトが出回る前に観たほうがいいぞ!

 

 

誰一人、けなす人はおらず、
全員が驚愕!感動の嵐!

 

 

 

一体、どんな映画だったのだろう・・・。

 

 

 

徐々に映画に対する興味が
わいてきました。

 

 

 

そして、公式サイトや他の
口コミを見ました。

 

 

 

一切の試写会を開かなかった事。

特撮に関する監督の思い。

有名俳優たちの豪華キャスティング。

 

 

 

それやこれやを知るうちに
興味はますます湧いてきました!

 

 

 

特に、

 

 

・まさか最後にあんな作戦をするとは!

・生きていて良かったって思えた!

・ネタばれサイトが出回る前に観たほうがいいぞ!

 

 

このコメントがどうしても気になり

 

 

最後の作戦ってなに?
生きてて良かったって思える作戦ってなに?

 

 

どうしても気になる!!!(@_@;)

で、

 

行ってきました。(*^^)v

———————-
あらすじ ~ここから~
———————-

この映画はリアルを追求し、

本当に今日、この日本にゴジラが
あらわれたらどうなるか

その視点から映画は作られています。

 

 

 

 

突如、東京湾に現れたゴジラ。

 

 

 

まさか、あんな生物がいるわけない。

 

 

 

どうせネットのデマ情報だ。

最初はそんな風に思われていましたが、

 

 

 

 

突然ゴジラは上陸を始めます。

 

 

 

想像を超えた巨大生物に
人々は逃げ惑うばかり。

 

 

 

 

政府の対応は後手後手。

 

 

 

なんとか自衛隊による一斉攻撃が
はじまりましたが

 

 

 

まったく効果はありません。

 

 

 

見かねた米軍も参加しますが、
全く役に立たず・・・。

 

 

 

そして米軍は、最終手段として
核兵器を使用する事を決定し、

 

 

 

日本の国民に避難するように
迫ります。

 

 

 

核攻撃のタイムリミットが
迫る中、

 

 

 

諦めずにゴジラ駆除を立案する
若き日本のチームがありました。

 

 

核なんて絶対に落とさせない!
ゴジラを必ずやっつける!

 

 

 

そして日本のチームは

 

核攻撃のタイムリミットぎりぎりに
ある作戦を仕掛けたのです。

 

 

その作戦とは!!

———————–
あらすじ ~ここまで~
———————–

 

政府の裏方の仕事を

かなりリアルに再現していました。

 

 

 

1.会議をして、

2.緊急対策本部を設置して、

3.ゴジラ関連法案を作って、

4.議会の承認を得て

5.自衛隊に作戦を立案させ、

6.総理がハンコを押す。

 

 

そこまでリアルにしなくっても
って思いましたが、

 

 

 

俳優たちの動きやセリフを
キビキビさせる事で、緊張感と

 

 

『間延びした感』を感じさせませんでした。

 

 

 

そして、今回のゴジラは
本当に恐(おそ)ろしいです。

 

 

本当に恐ろしい。(@_@;)

 

 

恐ろしいの一言です。

 

 

 

松本清張の「日本沈没」に似た
絶望感を味わえます。

 

 

 

「もう無理、アカンわ・・・」(@_@;)

って思いました。

 

 

最後に私の感想ですが、

 

 

そうですねぇ・・・。

 

 

 

最初に期待のハードルを
上げすぎましたねぇ・・・。(-“-)

 

 

100点中、85点ですね。(*^^)v

 

 

ちょっと厳しくしました。(^◇^)

 

 

 

気になる最後の作戦ですが、

 

 

 

映画を見ながら
噴き出して笑ってしまいました。
(周りに迷惑でした(^^;)

 

 

 

『ピタゴラスイッチ』やん、これ!
\(◎o◎)/!

 

 

 

 

なんちゅーアナログ・・・(-“-)

 

 

でも見れて良かったです。

 

先入観なくみたら
とっても楽しめます!

 

 

 

おすすめです!(^O^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。