向上心とマンネリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

あるコミュニティ記事をみてびっくりしました。

福岡県に住むA子さん(70)が
70歳になった節目に何か習い事をしたいと思い
卓球教室に通うことを決意。

 

 

不慣れながら、素振りや練習で
いい汗をかけて嬉しい、

という記事がありました。

 

70歳で習い事をしたのはいいのですが、
卓球という選択肢を選んだのにびっくりです。

卓球ってかなりハードなスポーツですよ。

 

すごいですね!!

と、驚いたのですが、
上には上がいるものです。

 

その卓球教室には90歳のおばあさまが
2人もいらっしゃるそうです。

 

 

90歳で卓球!!!?

もう、そんな話を聞いたら

「私、もうこんな歳だから、習い事なんて・・・」

 

なんて言うのは言い訳にしか
ならないんだって分かりました。

 

私もおジイになったら卓球したいと
思います。

中学の時やってましたし。

 

あと、久しぶりにマンガ以外の本を
購入したのですが、

時間管理の本を読みました。

 

その中で、面白いことを
書いていましたのでご紹介します。

大人になると、「一年があっという間に過ぎる」
とか、よく言われますが、

なぜだか分かります?

 

 

ずばり答えを言いますと、

 

毎日がマンネリだからです。

 

マンネリだから、記憶に残らないのです。

 

子供時代は毎日が発見であったり
新鮮な体験だったりするのですが、

 

大人になるにつれ、
徐々に同じ体験をしたり
知ってることが多くなり

 

マンネリ化が始まります。

 

すると記憶に残らなくなり、
一年があっという間に過ぎたような感覚になるのです。

 

これを解決するにはマンネリを打破しないと
いけないです。

 

短時間でもいいので、
いつもやらないことをやると

充実した時間を過ごせるようになります。

ただ、いつもやらないことをやるって
難しいですよねぇ。

帰り道のルートを変えたり、

普段、喋らない親戚に電話するとか?

うーん。。。

考えておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。