blog

冷水シャワー 2019年10月22日発行分のメルマガ

この投稿は10月22日に発行したメルマガの内容です。

 

 

 

自分ごとですが、9月から
日記と軽い運動をはじめました。


現在も続けているので
一ヶ月は続いています。



ただ、日記も短い文章ですし、
運動も本当に軽い運動です。

・腕立て10回
・スクワット10回
・バーピー10回

この程度です。


バーピーという体操は、文章での説明が難しいので
ご興味ある方は検索してみてください。


いずれにしても、
大した運動ではありません。


毎日続けられるようにと思って
わざと軽めのメニューにしたのですが、
ハッキリいいます。


本当に面倒くさいです。(^_^;)


何度も「今日はやめとこかな」と
思いました。(^_^;)


それでも続けていると
大したもので、


ぷにぷにだった二の腕が
引き締まってきました\(^o^)/イエーイ


ズボンのベルトも一つ詰めることが
出来ました。



ただ、下腹部のお肉って
なかなか落ちないですね。


いろいろ調べてみると
下腹部は他の部分に比べて血流が良くなく、
脂肪が燃焼されにくいそうです。


で、

どうすれば血行がよくなるかというと


なんと、


お風呂上がりに30秒間、冷水を浴びるのです。



想像しただけで

「ひゃーー!!」ってなりますよね。



でもこれはアンチエイジングでも
有名な方法なのです。


冷やされた肌の体温を戻そうと
血を巡らせる能力が鍛えられるんです。



それで、まぁやってみました。



湯船に浸かって体を十分温めてから
シャワーの冷水をちょっと浴びてみました。


そしたらですね、

僕、普通に日本人なんですけど

「ノーーゥ!!!」


って英語で叫んでしまいました。(汗)


本当に罰ゲームのように苦痛なんですが、
今ぐらいから始めないと。

真冬になったら、もっと習慣づかないですから。


これで下腹部が引き締まってくれて
若返りができるなら結構なことです。
(血行なだけに(汗))



とりあえず1ヶ月続けてみます。


変化があれば、またメルマガで報告します。



それでは、スポーツの秋もがんばりましょ〜♪

真夜中の口笛





先日、夜中にゴミ出しに行きました。


夜道を、小さく口笛を吹きながら
テクテク歩いてゴミ置き場に行き、


ドサっとゴミを置いたとき


耳をすますと、


背後から、私と同じ曲の口笛を誰かが唄っています。


ひゅ〜ひゅ〜ひゅ〜、ひゅ〜るる〜



段々と口笛の主は近づいてきます。

なんとなく危険を感じたので
クルッと振り向きました。


すると、


ママチャリに乗った何者かが近づいてきました。


体格から言って男性だと分かりましたが
暗くて顔が見えない。


そのママチャリ男はどんどん近付いてきて
5mぐらいのところにきてびっくりしました!

真っ赤なタートルネックを着て
白いコートを羽織った

首から上がない「首なし男」が

ママチャリに乗りながら
ギコギコ近づいてきたのです。



ドキーーーーー(@_@;)!!!



その「首なし男」はふらふら
自転車をこぎながら近づいてきて、


私の1m手前でピタッと止まりました。



私はとっさに思いました。

「な、なんやこいつ!」
「ワイに襲いかかってくるんか?」
「ワイはこいつに勝てるだろうか!?」(@_@;)

「どこが弱点やろ」

「っていうか、口ないのにどこから口笛を吹いてるん?」

「っていうか、こっち見えてるのか?」


「いや、ちょっとまって」
「これ夢ちゃうん」



そうです、夢オチでした。
(なんじゃそれ〜!(^_^;))



じつは最近、ホラーゲームにハマってまして、
恐らくその延長線上の夢を見たんだと思います。



ああ、びっくりした。


アイテム何ももってないのに
どうやって勝とうかと必死に考えました。(-_-;)



皆さん、寝る前はホラーゲームは
お勧めしません。

理解力が高い人が苦手

最近は日中が暖かいですね。

永遠と思われていた寒い冬も
そろそろ終わって

春が近づいているのを実感します。

最近は10年以上会ってない
学生時代の友人から

「新年会やりたーい!」

っと提案がありました。

私の学生時代の仲間は全員家庭持ちで、

しかも融通が利かない連中ばっかなので
都合を合わせるのが大変です。

あと、変に頭がいい人のと会話って
面倒くさいですね。

理解力が高い人の会話

頭がいい人や理解力の高い人との会話って
少々苦手だったりします。

一般の人と理解力の高い人の違いは
会話中、常に

『要点と枝葉の取捨選択を行っている』

です。

上手に枝葉の部分を切り捨てるので
話がすごく早いです。

が、

論理をすっ飛ばして結論だけバンバン言ってくるので
何を言ってるか理解できない時もありました。

逆にIQ低い人だったりすると
枝葉に食いついて話が進まないこともあります。

話は変わるのですが、

頭いい人つながりで
夏目漱石と福沢諭吉の話なのですが、

彼らが作った、

それまで日本になかった言葉をご存知ですか?

海外の概念を伝えるために作られた造語なのですが、

夏目漱石 作
『範疇』『哲学』『美術』
『人格』『世紀』『絶対』
『統計学』

福沢諭吉 作
『演説』『談話』『自由』

これらは夏目漱石や福沢諭吉が
作り出すまでは日本になかった言葉です。

逆に言うと、どんな言語の言葉でも
自由に作り出せるので

いつまでたっても日本人が外国語を話せない

理由のひとつじゃないかって思ったりします。

それにしても『自由』って言葉、
昔は無かったんですね。

まぁ、そうかも知れないですね。

まったり雑談でした。